資料請求 来店相談予約

公務員 婚活/結婚相談所 の

0120-737-1500120-737-150営業:月曜~日曜、定休日:水曜、受付時間:11時~20時
資料の請求来店相談のご予約 駅前 20時までオープン

公務員婚活コラム&ブログ

【大阪 県民性と婚活】

2018年4月13日

大阪は言わずと知れた日本を代表する都市の1つですが、独特のアイデンティティーを持っています。日常生活のなかに笑いやユーモアが溢れていて、ボケとツッコミは子供から大人まで当たり前のように使いこなしています。婚活パーティーやお見合いでも大いに場を盛り上げてくれるでしょう。人見知りをせずに懐に飛び込めるところも、お近づきになりたいと思っている人にとって願ってもないチャンスとなります。ただ積極性があるので、うかうかしていると興味や関心が他の人に移ってしまいます。こちらからも、どんどんアプローチするようにしましょう。
このような県民性は付き合いやすいという利点になりますが、時にはデリカシーのなさと映ることもあります。思ったことを単刀直入に言葉にするからです。繊細な心の持ち主や品格を重んじるような人にとっては苦痛を感じる相手になることもしばしばです。悪気のない、彼らなりのコミュニケーションの1つなのですが、付き合いが浅いとそこまで理解できません。なかには、悪気がないとわかってはいても気持ちの良いものではないと感じる人もいます。気にせずにさらっと流せないようであれば、それは相性が悪いということで早めに切り替えた方が良いかもしれません。
一見するとデリカシーに欠ける大阪県民ですが、実は情に厚い面も持っています。女性の場合はそこに姉御肌という性質も加わるため、年下男性からのアプローチに断り切れなかったというカップルもいます。結婚の場合、年下男性は頼りないと思われて不利になるケースがありますが、大阪女性が相手の場合はそうとも限りません。最初から諦めるのではなく一度はアプローチしてみましょう。
また、派手好きという特徴も挙げられます。お金に関してはシビアなので、値切りをすることは厭わないですし、高いと思えばそれをすぐに口にします。しかし趣味や好みに合ったものにならばためらわずに使うため、コツコツと貯蓄をすることにはあまり向いていません。パートナーの性別がどちらであっても、全て任せっきりということはないようにしたいものです。
大阪県民は相手の外見を重視すると言われています。婚活においては内面に重点を置くようにと考えてはいるようですが、いざとなるとそう簡単に切り替えられるものではありません。お見合いをする時は、結婚相談所のアドバイザーに相手の好みを予め聞いてもらい、それを参考に隙のない装いで臨みましょう。一方で、自分の服装については強いこだわりを持っています。「正式にお付き合いしたら変えてもらおう」「結婚したら自分が服を選ぶようにしよう」といった考えは簡単に受け入れてはもらえません。後に不仲の原因とならないように、その点も早めにチェックしておくことをおすすめします。

婚活で国家公務員・地方公務員とのお見合い結婚なら
結婚相談所 官公庁マリッジ

http://www.marriage-club.co.jp

0120-737-150 0120-737-150
ご予約・お問い合わせ
ご予約・お問い合わせ
ページのトップへ